前立腺肥大(尿に関するトラブルがおきやすくなるでしょう)の原因って、一体何なのでしょうか? 実は、前立腺肥大の要因としては解明されていません。 しかし、前立腺肥大は高齢男性ほど多く発症しており、50歳未満の男の方には殆ど見られないという特徴があるんです。 男性にも更年期障害があることが知られるようになりましたが、実は男性も女性(ならではの視点が重宝されることもある反面、振り回されてしまうこともあるかもしれませんね)と同じく、40〜50歳代くらいの間に男性ホルモン(テストステロン、ジヒドロテストステロン、デヒドロエピアンドロストロン、アンドロステロン、アンドロステンジオン、エピアンドロステロンといった成分で構成されていますが、最も影響が強いのはテストステロンでしょう)が減少し、それと同時に女性ホルモンが増加します。 そのため、前立腺肥大の原因の一つには、男性ホルモン(雄性ホルモンと表現されることもあるようです)が関係しているのではないかといわれているんですね。 実際、去勢している男性には前立腺肥大が起こらないみたいです。 60代では約半数の人が前立腺肥大を発症するとも言われている前立腺肥大症かと言って、高度経済成長が始まる頃までの日本では、加齢と共に前立腺は萎縮する傾向がありました。 このことから、食生活(人それぞれ、大きく内容が畭なるでしょう。体型や肌つや、精神にまで関わってくるものです)やアルコールの摂取量も関係があるのではないかと考えられています。 また、運動量や血行なんかも関係していると言われており、座りっぱなしの人や冷え(朝起きて、お腹を触ってみて、冷たいと感じるようなら内臓が冷えてしまっています。疲れやすさやどこかしらの不調を感じていることでしょう)る環境で長時間過ごすことが多い人は、発症しやすくなる傾向もあるはずですー